2017年11月24日 (金)

教覚寺の紅葉

  私としては久しぶりに、西へ東へ。今日は築地本願寺に行きました。「教区仏婦連盟60周年記念大会」の企画会議と企画委員会でした。この二つどう違うかといえば、前者は後者を開催するための作戦会議です。来年3月の大会まで深く関わっていきます。
Dsc02790_2  帰ってきて「第51回お聖教を読む会」、今回から新しいシリーズのスタートです。「おつとめシリーズ」と題して、日頃お勤めしているお馴染みの「讃仏偈」「重誓偈」「らいはいのうた」を取り上げます。今回から参加の方も2名、今日は導入のお話でした。
  教覚寺のライトアップされた紅葉もなかなか綺麗です。

|

2017年11月23日 (木)

本願寺音御堂

Img_0788  昨日と今日、本山西本願寺では「秋の法要」が勤まり、その中で全国各地から集まった讃歌衆による「本願寺音御堂」が行われました。2日間合わせて千名を超えるご参加、教覚寺からも3名が…。私は2日目の今日の指揮をいたしました。阿弥陀堂に響く仏教讃歌のハーモニー、とてもいいものです。Img_0812
  本願寺のイチョウが黄色付いて、朝立ち寄った東寺は紅葉が綺麗でした。秋満開の京都です。

|

2017年11月21日 (火)

覚寿の会

 先週土曜日にダーナイベント「第31回お寺でYOGA」が開かれ、16名の方が参加してくださいました。いつものように清水先生も加わってくださり、合計17,000円のダーナ募金を頂いています。ありがとうございました。

 今日は「覚寿の会」例会、32名のご出席でした。久々に『浄土真宗必携』を読みましたが、振り返ってみるとなんと今年の2月の例会以来ということで驚きました。『必携』の文章から派生していろいろな話に展開できますので面白いです。また、最後に「領解文」を唱えましょうという提案がありまして、今回の例会からやってみました。これは蓮如上人以来五百年の伝統的作法ですから、良いことだと思います。

|

2017年11月18日 (土)

讃歌隊

  讃歌隊の例会でした。喜ばしいことに今日から川野建一さんが入会され、男声部が4名になりました。そして、来年に向けて新しい曲に取り掛かっています。「生かされて」と「ゆるされし」という仏教讃歌ですが、「生かされて」は明るく爽やかなフォークソング調の曲、「ゆるされし」は格調高い歌曲風の作品です。初めての練習にしては十分歌えたと思います。しっかり歌いこんでいけば、来年の報恩講にはすばらしい演奏ができるでしょう。どうぞお楽しみに。

|

2017年11月16日 (木)

家庭報恩講

  築地本願寺の報恩講は本日御満座となりました。期間中に2名の教覚寺門徒が帰敬式をお受けになっておられます。おめでとうございました。
Img_0777  そして、教覚寺の家庭報恩講(お取り越し)が、今年も責任役員の勝山さんのお宅からスタート。勝山家のお仏壇はとても清楚で品のあるお厨子型のものです。お勤めは『正信念仏偈』行譜・和讃六首引、和讃は当主勝山純一さんがリードします。『御文章』を拝読し、法話をして終わりです。そのあとお斎を頂きました。今年は何軒のお宅でお勤めくださるでしょうか。

|

2017年11月14日 (火)

昨日は東京

  築地本願寺の報恩講が11日から16日までの予定で勤まっていますが、昨日は夕刻の初夜勤行にお参りし、初日から行われている「絵とき布教」を聴聞しました。これは親鸞聖人の『御絵伝』に描かれている内容を映像を見ながら解説して、聖人のご遺徳を偲ばせていただくもので、教区内若手布教使が交替で務めています。副住職は初日の第一軸を担当、昨日は第三軸で藤田瑞圭師が担当されました。場面は、念仏弾圧によって法然聖人が土佐の国へ、親鸞聖人が越後の国へ流罪となる(師資遷謫)、聖人が越後から常陸の国に遷られ稲田の草庵でご教化(稲田興法)、そして板敷山の山伏弁円が回心する(弁円済度)のところでした。「絵とき布教」が終わるとちょうど東京仏教学院の授業の時刻、そのまま授業をして帰ってきました。
  本当は午後の逮夜法要からお参りする予定でいたのですが、昨日神宮球場で母校静岡高校の野球部が明治神宮大会の準決勝を戦っていましたので、急遽応援に行ってしまいました。結果は残念ながら逆転負けでしたが、全国ベスト4ですからすごいですね。

|

2017年11月12日 (日)

ダブル例会

Dsc02781  穏やかな日曜日、今日は女性の会と壮年会の例会がありました。女性の会は毎年恒例になっている「みんなで布チョッキン」のボランティア活動を行いました。これは認定NPO法人「幼い難民を考える会(本部東京)」の活動の一つに協力するもので、カンボジア難民の支援につながっています。
Img_0773  壮年会は、お寺でお参りと住職の長めの法話を聴いてから、場所を移して今夜も飲み会です。写真で見ると女性の会の真面目さと極めて対照的ですが、宗教について教育について結構真面目な話しをしましたよ。

|

2017年11月11日 (土)

真勝寺報恩講

  今日は、市内葵区真勝寺さま(一郷住職)の報恩講初日で、恒例により「合唱の会」の発表がありました。この1年練習してきた「仏教讃歌」を披露、出来栄えは上々でした。このグループができて17年、そのうち私が関わるようになってからは7年になります。教覚寺の「讃歌隊」と交流をしてみたいと思っているのですが、これまではまだ実現していません。
  ご講師は昨年に引き続き長倉伯博先生、鹿児島の本願寺派のお寺のご住職で、ビハーラ僧として医療の現場で活躍していらっしゃいます。「医療と仏教が出遇う時ー生老病死の現場から」という講題でお話下さいました。お寺の中にいるだけでは全くわからない現場があることを思い知らされます。

|

2017年11月10日 (金)

教誨師会・後援会合同懇談会

  昨日は、静岡県教誨師会と静岡県教誨事業後援会合同の懇談会及び刑務所施設見学が静岡刑務所で行われました。教誨事業後援会は教誨活動のサポーターとして長年支援して下さっていて、企業・団体の賛助会員と個人会員がいらっしゃいます。教覚寺のご門徒数名も個人会員になって下さっていますが、昨日はそのうち勝山純一さんと井野盛夫さんが出席して下さいました。教誨師会からは34名中11名の参加、期待していたほど集まらなく残念でした。
  教誨師はその後場所を移して懇親の席を持ち、4年後に迫ってきた「東京管区教誨師連盟研修静岡大会」について意見交換をしました。

|

2017年11月 8日 (水)

築地シンポジウム

Img_0769  築地本願寺に行ってきました。伝灯奉告法要首都圏協賛行事「次世代リーダーズサミット」というイベントで、国連にて採択されたSDGs(持続可能な開発目標)に仏教がどう関わっていくべきかを考えるシンポジウムでした。Img_0762ご門主様のスピーチに始まり、国連広報局部長マーヘル・ナセル氏の基調講演、国谷裕子さんの司会で4人のパネラーによるシンポジウム「誰一人取り残さない」が行われ、人類が今共通に抱える貧困や差別など諸問題解決への道について話し合われました。大変興味あるテーマで、内容の濃いイベントでした。
Img_0765  築地本願寺は境内整備が完了し、とてもきれいになっていました。地下鉄の駅から直接境内に入れるようになり、共同墓とインフォメーションセンターも完成、ますます開放的なお寺になったと思います。是非機会をみつけてご参拝下さい。

|

«ナーモ編集委員会